目標設定の大切さを取り上げています

エンジニアの目標設定の仕方って?

自分で目標を立てて、その達成度を評価するという会社が増えてきました。売り上げの金額など、数字に関わる営業職では目標を立てやすいですが、数値に表しにくいエンジニアはどのように目標設定すればいいのでしょうか。エンジニアの仕事では、日々新しいスキルを取得することやプロジェクトの納期を達成することを考えると目標が立てやすいはずです。
目標は数値化すると明確になりやすいので、達成率としてみましょう。例えばプロジェクトの納期で目標設定した場合、納期より少し前の時期を100パーセントと設定します。ここで重要なのは納期を100パーセントとしないことです。そうしてしまうと、納期を守るのは当然のことで目標にはならないからです。ぎりぎり達成できるかどうかというラインを目指すようにしてください。
また、プロジェクトはさまざまな部署の人と関わるのではないでしょうか。できることなら一緒に仕事をする人と同じ目標を持つようにしましょう。同じ目標を持っていると互いに協力し合うことにも繋がります。いくつかのプロジェクトを担当する人はプロジェクトの件数を目標にすることもできます。さらに新しいスキルの獲得状況を目標にしてもいいでしょう。スキルの獲得は仕事をする上でも有利になります。毎日新しいことに挑戦するのは大変なことかもしれませんが、その分仕事の幅を広げていくことができます。
ただ注意したいのは、高すぎる目標設定をしないことです。なかなか達成できないとモチベーションが下がってしまうこともあるので、少し頑張ったら達成できる程度の目標設定がいいでしょう。
また、上記以外のことで目標設定をしたい人もいるのではないでしょうか。そんなときは、参考情報からヒントを得てみるといいかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です